TweetsWind
写真素材-フォトライブラリー


2007年09月29日

もっとも最悪の天気です

土曜日フリー走行は濃霧の為、約5分たらずで終了。
今現在も霧雨が降っており、ひょっとしたら中止の可能性もあり、ヒジョーに最悪!
さて、やるか!やらんか!
posted by harbow at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

左近がサイン会やるって!

9月25日またしても平日に、山本左近のサイン会が開かれます。

場所は、Zoff 表参道本店(午後1時〜午後1時30分)とお台場ビーナスフォートファミリー店(午後4時〜午後4時30分)共に30分(短けー!)

詳しくはこちら
posted by harbow at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

SUPER AGURI が特設ブースを開設!

SUPER AGURIが日本GPでオフィシャルブースを開設。

何でも、無料のサンプルグッズ配布や、日本GP限定グッズの販売、おまけにF1とは関係ない井出君と伊藤大輔のサイン会までやっちゃう大盤振る舞いだー。

詳しくはこちら
posted by harbow at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年もやります!トヨタF1スペシャルラン

今年もこのイベントがやってきました!

去年は、HONDAとのコラボ企画で大いに盛り上がりましたが、今年はトヨタのみみたい。(ホンダの調子から言ってそれどころじゃないもんね。)

走行前にはヤルノのトークショウも行われます。

去年私は行きましたが、3時頃の開始だから昼ごろつけばいいだろー。なんていってみたら長蛇の列!もう少しで整理券がなくなって見れなかった。(でも、入れたところもめっちゃ後ろで、全然見えなかった)皆さん、11時に整理券配布開始ですが、朝から並ばないと絶対見れません。要注意!!

詳しくはこちらで
posted by harbow at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

富士も盛り上がんないのかなぁ(ベルギーGP決勝)



今回はスパイ問題に話題をさらわれ、肝心のレースはさっぱり盛り上がらなく、上位は予選順位どおり綺麗ーに等間隔でフィニッシュ。

まっ、キミが勝ったので、フェラーリファンは、再来週の鈴鹿で…、違った富士で、大いに盛り上がってください。

と言うことで、明日から日本GP直前情報をお送りしたいと思って準備中。んーーん、どうでしょうーーーー。(長嶋風)
posted by harbow at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

ロン・デニスあっさり裁定に応じる。



上記の事柄が影響したのか、日刊スポーツによると、マクラーレンは、上告せず1億ドルの支払いに応じた。

たたけば、まだ続々と出てくるのだろう。ここで幕を引きたいと言う意図が見え見えであるし、今季のこれまでの賞金と言うのか約7000万ドルの収入は、没収されていないので、実質損失は低いと見ての判断だろう。

これで残りレースはドライバーチャンピョンのみに絞られ、ベルギー予選は、フロントローをフェラーリが独占し、流れが完全に傾いてきた。

また終盤アロンソは眠れない日々を送りそうだ。
posted by harbow at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

FAIが裁定理由を発表

今回のマクラーレンに対する裁定理由について、アロンソとデ・ラロサの間で交わされたEメールが証拠となったとの発表を行った。

Eメールの内容には、フェラーリF2007のセッティングやデザイン、フェラーリの戦略までもが載っていた。

ただし、F1ドライバーが単独の責任でフェラーリの情報を扱ったり、その情報を使用あるいはテストするという決断を下すとは考えにくい。また、この情報をデ・ラロサのみに渡すのも考えにくいことから、情報は複数の従業員が知っていたと判断し、今回の裁定となったと文章にて発表された。

今回の発表で、個人の罰則はつかなかったにしろ、情報を知ってしまっていた事実がわかったアロンソは、フェラーリの出方次第ではチャンピョンシップに影響が及ぶ可能性が少なからず出てきた。

政治色ばかりが目立ち、まったくつまらないシーズンとなってしまった。
posted by harbow at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レッドブル浅草を駆け抜ける!?

いよいよ日本GPまで約2週間となって、国内(主に都内)各所でイベントが行われるが、レッドブルは一風変わったところでイベントを開催する。

場所は浅草の浅草寺。日本GP入賞祈願&レースカーお披露目が9月19日に行われる。

さすがに、公道を走るのはNGなので、台車に載せてのお披露目となるそうだ。

残念ながらウィークデイなので、行けない人も多いだろうが、パレードやお練りもあるそうなので、お近くの人は、いかが?

詳しくはこちら
posted by harbow at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

マクラーレン コンストラクターズ失格!消滅危機!!



モータスポーツ評議会はマクラーレンの関係者を召集し、聴取した結果、今年度のコンストラクターズポイントを剥奪し、残りのレースで獲得したポイントも没収。あわせて罰金1億ドルを科すことを発表した。

ドライバーズポイントに関しては、今のところ剥奪しないことになったが、今後の成り行きではまだ可能性がなくなったわけではない。

この召集は、新たな証拠が提出されたことによって行はれたわけだが、一部報道では、ドライバー関与に関する証拠といわれていたが、今回の裁定を見ると、そうでは内容に思われる。

それにしても、今後のレースは、先頭を走る車は、車は無関係で、運転手は、敵。と、なんともやりずらいレースとなってしまった。

最後に、2008年において、マクラーレンが、フェラーリの知的財産がマシンに使用されていないかどうかを確認出来なかった場合は、その年のポイントも剥奪すると記されている。

マクラーレン消滅が現実的になってきた。
posted by harbow at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

あっ、そうそう。イタリアGP忘れてた。



350km/hの超高速バトルが行われる、イタリア モンツァ。

危なげなくポールを獲得したアロンソ。決勝も快調に飛ばしていたが、序盤最初のアクシデント。クルサードのクラッシュによりペースカーランとなってしまったが、リスタートもまた危なげなく切り抜け、順風満帆。

一方のフェラーリは、ドタバタ続き。マッサがリスタート後、数周でピットイン。明らかにイレギュラーでタイヤを替えて出て行くが、これもまたおかとちがいだったらしく、すぐさまスローダウン。リタイヤとなった。どうやらフリー走行のキミのクラッシュ原因と同じ駆動系のトラブルらしい。

一気に一人の肩に期待がかけられてしまったキミ。とはいっても、ラップペースは、アロンソに離されてく一方。

そうこうしてる間に、1回目のピットインの時期がやってきた。
アロンソ、ハミルトンとこなしていく中、キミはなかなか入らない。

もしや…。(川井ちゃん気づきだす。)

レース折り返しにやっとキミが入る。給油時間は10秒

1ストップだ!(川井ちゃん叫びだす。)

アロンソの2回目のピットインで逆転を狙う。

だが、ラップタイムは離されていく一方。

結局、アロンソ2回目のピットでも逆転できず。だが、ハミルトンには逆転に成功。

と思いきや、数周と持たず、あっさり追い越され万事休す。

フェラーリ2人のチャンピョンシップはここで終わったと言っていいだろう。

ちょっとだけ朗報はHONDAが久々にバトンの8位で、ポイントGET。だが、TOPチームとのストレートスピードが10km/h近く違うため、直線の長い富士では、ちょっと厳しいかも…。
posted by harbow at 00:33| Comment(0) | TrackBack(1) | アーカイブ 2007 F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

王者としての責任



アロンソが、今期2度目のポールを獲得。

ロン・デニスのイタリア司法当局からの事情聴取や、ドライバーのスパイ行為関与疑惑と、内心穏やかではない状況下で、しっかりと役目を果たしたと言ったところだろう。

と言うか、相手が先に自滅したと言う表現が正しいか。フリー走行3回目でキミがマシントラブルにより大クラッシュ。Tカーにエンジンを載せ変えての予選出走と、母国GPらしからぬドタバタ劇。マッサも精彩を欠く最低の予選となった。

日本勢は、HONDAが日本GPを目前にし、ちょっとだけ復調。バリチェロは惜しくもQ2で敗退したが、バトンが頑張って10番グリットを獲得。そして、琢磨と左近の間で面白いことが起きた。Q1残りわずかとなり、全車最終アタックに。当然左近もアタックしたが、2秒前方に琢磨がアタック開始のためタイヤを暖めていた。最終コーナー前で左近は右手を突き上げもう抗議。だが私が見た限りでは、追いつきそうな差ではない。そんな左近は、あっさりアクセルを緩めビリ決定。あそこは、ぴったりくっついてから抗議しなければ相手は見えないし、審査も行われない。ここが、経験のなさと言うことだろう。

いよいよ、日本GPまでここを入れてあと2戦。今年最後?の富士に向け、いい結果を残したいところだが…。
posted by harbow at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

なんじゃ!換わりばんこって?!



富士スピードウェイ株式会社は、FOAと2009年以降富士と鈴鹿で隔年開催とすることに同意したと発表。

せっかく手に入れたF−1開催権を、あっさり敵に渡してしまった。

なんとも不可解!

バーニーちゃんは、また、何を企んでいるのだろう?

確かに、今年の富士のチケットの売れ行きは、今ひとつのところ。

インフラ面でも、期待した成果が上がらずの開催となりそうな雲行きではある。

この状況に気後れした富士側が、バーニーのゴリ押しに、首を縦に振らざるを得なくなったと言うのが、本当のところであろう。

要するに、今年の日本GPは、やる前から失敗確定って事。

あーーー。情けなや!
posted by harbow at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

マッサ 相性だけでトルコ2連勝



ハンガリーで踏んだり蹴ったりだったマッサが、初優勝の地トルコで、今シーズン3勝目をあげた。

一方、ポイントリーダーのハミルトンは、終盤、タイヤのバースト。
何とかピットに戻り、タイヤ交換はしたものの、フロントウィングの一部を壊してしまい、その後ペースが上がらず、5位に沈んだ。ハミルトンのアクシデント前後方を走っていたアロンソは、ごっちゃんで3位をGET。チャンピョン争いは混沌としてきた。
posted by harbow at 23:50| Comment(0) | TrackBack(1) | アーカイブ 2007 F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

ボーデ ブーデ ブルデ どれが本当なんだ!



ここでは、ボーデと呼ばせていただきます。

チャンプカー公式ウェブサイト
posted by harbow at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

逃げのハミルトン3勝目で独走か!?



予選後の記者会見で、アロンソは「最後のピットストップの待ちは、チームの支持だった。」と発言。誰しもが、「お前ウソつくなよーーー。」と思ったが、どうやら本当らしい。

予選後のオフィシャルリリースで、アロンソに5グリッドの降格と、チームに対し今GPでポイントをとっても、コンストラクターズポイントには加算しない。との発表があった。これに対しロン・デニスは大激怒。何でアロンソにペナルティーを出すのだと、怒り狂い、それをなだめるのに時間がかかり、リリースを出したのが夜の11時過ぎになってしまったとのこと。

まぁ、アロンソの疑いは、晴れたとして、6番グリットからの巻き返しは、このコースでは、ほぼ不可能に近く、4位に食い込むのがやっとだった。

一方、予選まったく振るわなかったマッサも同じく、ポイントすら取れず。(どうやら彼は、ハンガロリンクが苦手らしい。)

最後の勇のライコネンも、後ろにつくのがやっと。

ハミルトン得意の先行逃げ切りで、ポイントをさらに引き離すことに成功。

残り6戦。ルーキーのチャンピョン獲得が、現実味をおびてきた。
posted by harbow at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

アロンソ 疑惑のポール奪取?



なんとも後味の悪いポール獲得劇だった。

Q3残り約2分。先に入ったのはアロンソ。タイヤを換え、すぐにピットアウトかと思ったら、なかなかスタートしない。

なにやらクルーと押し問答をしている様。走行しているうちにハミルトンがアロンソの後ろで立ち往生。時間は刻々と過ぎ、セッション残り1分30秒でようやくピットアウト。

ハミルトンに慌ててタイヤを履き返させたが、飛ばしても1周約80秒は掛かるハンガロリンク。当然間に合うわけもなく、ハミルトンは最後アタックできず。

してやったりと思ったか、アロンソは最終でハミルトンを逆転しポール獲得。

これに怒ったのはロン・デニス。インカムをポンッと投げ捨て、鬼の形相で、アロンソの元へ、軽量を済ませたアロンソは、ロンには目もくれずインタビュールームへ。

なにやらこの後、ひと悶着ありそうです。
posted by harbow at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

ピケ ライセンス剥奪!(親父が)



さすが、元王者と言うべきか、違反はしても事故は起こさなかったようだ。

それにしても、3TIMESチャンピョンが、教習所通いとは…。
posted by harbow at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

あまり載せたくないのだが…



まっ、ハミルトンとアロンソにとっては、良い判決であっただろう。

しかし、コフランはイタリア司法局との宣誓供述書にて「他のエンジニアに極秘文書を見せた」と話しており、FIAではひとまず無罪となり、イギリス裁判では証拠として提出されない取り決めになってはいるが、コフランの供述次第では、FIA裁定差し戻し→有罪というシナリオもまだ残されている。

posted by harbow at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

左近 寝返ったかーー!



おそらく、やさしい、やさしい、AGURIさんの温情で、決定した物と思われるが、HONDAのクリエンを取られないために最低限のカードを切ったと言うのが、本音では…。

それはそうとして、左近にとってはBIGチャンス到来!

去年も、大体この時期から呼ばれて、ぶっつけ本番って感じだった。

同じ手を二度踏むと、今度こそおさらばになっちまうぞ!

踏ん張れ左近!
posted by harbow at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

久々にグダグダなレース



 なんともグダグダなレースとなってしまった。

 犯人は「雨」。

 サーキットの悪魔は、狙っていたかのように、スタートと同時に、ドラム缶をひっくり返したような、雨を降らせた。

 全車がドライタイヤで走っていたから、たまったものではない。1周目にトラフィックによりピットに入れなかった車が次々と、1コーナーを直進し、グラベルにはまっていく。その中にハミルトンの姿も!

 運のいいことに彼のエンジンは止まっておらず、マーシャルのレッカーに乗ったまま吊り上げてもらい、再発進しピットへ、その間レースは赤旗中断。
 
 そこで又、事件は起こった。本来、赤旗になった瞬間、セッションタイムは止まり、再スタートとともに、時間を計測する決まりになっていたが、こともあろうにとめ忘れてしまった。よって、2時間ルールが、適用されず、レースは予定通り60周キッチリ走ることになってしまった。このことは、再スタート後しばらくたってから発覚し、ピットは大混乱。最後の給油量を2時間で合わせるのか、残り周回数で合わせるのかで大騒ぎ。結局「大は小を兼ねる」ということで、すべてのチームが、残り周回分給油し、一件落着。

 このレースで記録が止まったハミルトンはかわいそうだなー。っTE感じだが、一番おいしかったのは、中断前にトップ周回を記録できたビンケルホックぐらいかな!
posted by harbow at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  1. 無料アクセス解析
googlea74a24e113fadc34.html