FIA WEC - LIVE 投稿者 fiawec
写真素材のピクスタ

TweetsWind

2007年09月14日

いたずら大好きカナーン参上!(2007IRLセレブレーション)



INDY500のパイ攻撃に続き、またもやカナーンに手荒な祝福を受けたダリオ。

今回のアイテムはシャンパン。チームメイトやスタッフ総出で前後左右から狙い撃ち。

アメリカらしーねー。こんなこともし本山にやったら…。(おー恐っ)

ダリオは、IRL創設初の賞金400万ドル超えとあり、スーツの1着くらいべちょべちょになったって、なんちゅーことない笑顔のハッピーエンドだとさ。
posted by harbow at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

歴史に残るドラマの嵐!最後に運が残ってたのはダリオ!







三つ巴の最終戦。ダリオとディクソンは、3人より前でフィニッシュすれば、決定。カナーンは、優勝が絶対条件。後は2人の獣医師代といったところだが、そんなカナーンが開始早々、タイヤのバーストにより脱落。

2人のまっちっレースになるかと思いきや、レースをリードしたのは、ペンスキー2台。その後ろに、ダリオ、ディクソン、ダンが追いかける形が続く。しかし、ここに来て好調だったダリオのマシーンにプッシュが出て、思うように走れない。一方、2台編隊でトップグループを形成している、ターゲットのディクソン。誰の目にも、ディクソン有利でレースは進んでく。

そして、終盤に差し掛かったところで、勝利の女神は、ちょっとイタズラを仕掛ける。

グリーン中のピットインが始まり、ディクソンもピットイン。後はダリオが入るのみとなった136周目、メイラが単独スピンクラッシュ。イエローとなったが、ここで、一つ目のドラマ。

ダリオがコントロールラインを通過するかしないか微妙なところでのコーションだった為、ダリオの前でピットアウトしたディクソンが、周回遅れになるかどうかで、協議が始まった。通過してれば、周回遅れでディクソンOUT。通過前なら、同一周回でセーフ。

判定は…。

セーフ。これによりチャンピョンシップは、最後のゴールまで待たれた。

ここで、リードラップはディクソンとダリオのみ、後は1周遅れ。残りは49周。二人は、同時にピットイン。給油のみでピットアウト。

残りをノーピットで行く策を取った。レースは直後にグリーン。残り48周。まともに走ってはガスは持たない。ダリオはチームメートがそばに居らず、泣く泣く6位に落ちて、燃料セーブしラストにかける。一方ディクソンは、温存の為、チームメートのダンを先に行かせ、ドラフティングで燃料セーブ。ディクソンの断然有利。

が、ダンが196周目ギヤボックストラブルでストップ。最後のフルコースコーション。

コーションのおかげで、2人とも燃料セーブが出来、残り2週でリスタート。

スタートダッシュが決まり、ダリオがディクソンに並びかけ、鼻先を突き出す。負けじとディクソンが、指し返す。そして最終ラップ。一気にディクソンが突き抜ける。勝負あり!


が!が!が!!!

第3ターン ディクソンがスローダウン!

痛恨の燃料切れ!

最終ターンで颯爽とディクソンを抜き去りフィニッシュ!

これ以上ない大逆転劇的勝利をものにした。
posted by harbow at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

ダリオが一歩リードしたが…





ここシカゴランドは、終盤まで接戦が続く、息のつけないコースとして有名。

当然接戦が続くから、コーションの多い場所としても有名。

たとえポールを取ったとしても、まったく気の抜けない最終戦、一発勝負。

このレースが、デビューとなる武藤は、新人らしからぬ走りで、パンサー勢TOPのグリッドを獲得。

この男、良しも悪しきもこの一戦を盛り上げるキーパーソンになりそうな予感。
posted by harbow at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

なんだ!!この筋書きのあるかのような結末は!!!





レースは最終ラップで、2位のライスを抜きにかかったディクソンが痛恨の接触スピン。後続のダリオをふさぐ形でストップ。

なす術なくダリオはディクソンと向き合う形で、カナーンの勝利を見守るしかなかった。

これで、ダリオ587pt、ディクソン584pt、カナーン548pt。名実共に、3強の最終戦ガチンコ勝負となった。
posted by harbow at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

エリオがチャンプ争いを引っ掻き回すか!



 今回のポールはエリオ。チャンプ争いの3人で話題一色だったところに、割って入り、存在感を示した問いいたところだが、どうも今年のペンスキーは予選の一発の速さはあるものの、いざレースとなると、マシーンバランスの悪さからスピン・クラッシュといいところがない。
 ここらで勝っておかないと、エリオの面目が保てないだろう。

 そして、ダリオ、ディクソン、カナーンも順当に予選上位に入る中、不気味な存在が、予選5番手のハンター・レイ。たった4戦でミルカと同ポイントになり、今回の結果次第では、ルーキー・オブ・ザイヤー確定させるかもしれないこの男。決勝では要注意人物だ!
posted by harbow at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

クライマックスへ…。デトロイトフリー走行



いよいよ、残り2戦となったIRL。ここデトロイトは、バンピーでダスティな市街地コース。

初開催であるので、どのチームもデーターがなく、このフリーでより多くのデーターがほしい。

そういう意味で、アンドレッティー・グリーンの優位はあるが、ここ数戦のダリオの不安定振りから見ると、ディクソン、ダリオ共にイーブンと言った感じだ。

チャンプ決定の可能性もあるこのレースは、絶対見逃せない!
posted by harbow at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

ついに逆転!





ダリオの運が、どんどん逃げてゆくー。
posted by harbow at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

ダリオ 2週連続宙を舞う!





しかも、フィニッシュ直後。相手は松浦。

松浦のブレーキングも不可解だが、スピードを緩めなかったダリオも不可解。

この日のダリオは踏んだり蹴ったり。ピットイン時にダニカと接触しそうになり、芝生へ回避したが、障害物に接触し、フロントを破損。そして最後の空中1回転。

今回で、ダリオ518ポイント。ディクソン510ポイント。カナーン466ポイント。これで本当に、残り3戦、三つ巴のマッチレースになった。
posted by harbow at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

カナーンに速さが戻ってきた!





今日の予選は、カナーンの一人勝ち!2番手のダリオに0.1秒以上離してのポール獲得。彼の復活により、残り4戦は三つ巴のチャンプ争いになりそうだ。

それにしても、2番手に入ったダリオは先週の大クラッシュの後とは思えない速さを見せ付けた。彼の運はまだまだ残っているみたいだ。
posted by harbow at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

世界一運のいい男が今度は命拾い





これで無傷とは…。

レースはこの一件があり、大荒れ。チェッカーを受けたのは、たった7台。その中に、松浦がいたのは、やっと運が向いてきたってことだろうか?

このクラッシュにあったダリオの車は、INDY500に勝った、非常に完成度の高かった車だけに、彼の好調もこれまでか?
posted by harbow at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

もう どうにも止まらない



今回の勝負の分かれ目は、ズバリ!ピット。

序盤、ダニカとの接触で順位を落としたカナーンだが、自身のせいで起きたイエローで、しっかり(ちゃっかりが正しいか)給油とタイヤを交換し、他車とのピットタイミングをずらすことに成功。

これにより、47周目のイエローで、ステイ・アウトしトップに。その後、アンダーグリーンでピットに入ったものの、6位で復帰し、グングン追い上げるが、マニングに引っかかり、4位で終了。

常に、トップ争いをしていたエリオ・ディクソン・ダリオが最終のピット合戦で、勝負をかける。

最初はエリオ。続いてディクソン。エリオのピット時にもうプッシュをしていたディクソンが勝利し、ラストにダリオがピットイン。

スプラッシュでコースに戻るも、今一歩ディクソンに届かず。

軍配は今回もディクソンへ。

これで、24ポイント差。チャンピョン争いは最終戦まで争われることは必至。IRLも目が離せない。
posted by harbow at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

もう、ディクソンは止められない



もう、この勢いは誰にも止められないのでは…。

前半こそ、今期絶好調だったダリオにTOPを奪われたが、後半、チームメイトのダンと共に先頭を奪うと、危なげなく2週連続優勝を決めた。

これでポイントリーダーのダリオと34ポイント差。各ドライバーが待ちに待った1周休みのあと、これまたディクソン得意のロードコース。

ディクソンの快進撃は、まだ終わりそうもない。
posted by harbow at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

起こしてはいけない人を目覚めさせてしまった



ディクソンの好調振りが止まらない。

元々、実力は十分あった人だけに、誰が起こしたか知らないが、後半戦はこの人を中心に動きそうだ。

今回の舞台ナッシュビルは、コンクリート舗装のコース。
路面の凹凸が少なく、熱しやすく冷めやすい為、タイヤにはヒジョーに厳しー。(財津一郎風に…、って言うかこの人知ってる?)

よって、タイヤを以下にうまく使うかが、勝敗のポイントとなる。予選結果も、やはりベテランどころが上位を占めている。

もうひとつの注目は、前戦レース終了後、カナーンとホーニッシュの小競り合いからチーム総出の大喧嘩を繰り広げたペンスキーVSアンドレティグリーンの遺恨も注目!

今年は揉め事が多いなぁー。連戦に次ぐ連戦でドライバーのストレスもピークにきてるのかも…。
posted by harbow at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

チャンピョン本命がやってきた!?



ディクソンは、ここ、ワトキンス・グレンではこれで3年連続優勝。

リードラップも取り、逆転とはいかなかったが、リーダーのダリオに肉薄してきた。

残りは7戦。内、ロードコースが3つも残っている。

ダリオもロードは得意としているが、ディクソンほどではない。

逆転チャンピョンに大いに期待が持てる。


こりゃ、F−1よりも面白いかも…。
posted by harbow at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

ロードといったらやっぱりエリオ!



ロードに強いエリオ…。と言うかロードも強いエリオが今期5度目のポールを獲得。

ここワトキンスグレンはF−1も行われたこともある本格的なロードコース。

だが、コースの状態は実にアメリカっぽく、いたる所継ぎはぎの舗装だらけの凹凸だらけ。

フリー走行では、何台もの車がスピンアウトしていた。

そんな中、フリー走行中元気だったのが、松浦。途中TOPタイムをマークするなど、期待を持たせたが、結局はケツから数えたほうが、早い結果に…。

今回の決勝は、結構荒れると予想できるので、生き残りでの上位進出を期待しよう!
posted by harbow at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

世界一の雨男ぶっちぎり優勝!



今回の勝利は、まったく危なげない勝利だった。

250LAP中ナント!247LAPをリードしての優勝。

もう、この運と勢いは誰に求められない。と思いきや、しぶとく2位に入ったのは、ディクソン。今シーズン9連続完走中のシリーズ2位に浮上。

ダリオ独走とはまだ言えないようだ!
posted by harbow at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

まさかまさかのだーい波乱!



Iowa Corn Indy 250は、スピンに次ぐスピン。クラッシュに次ぐクラッシュのオンパレードで、今年最も運のいい男ダリオに勝利が転がり込んだ。

完走わずか10台。

波乱の幕開けは、オープニングラップから。ダンが単独スピン。その巻き添えで、シェクターが接触。最大のライバルにしてチームメイトのダンが脱落し、楽勝かに見えたディクソンがステアリングトラブルで脱落。こりゃゴッチャンデスとばかりにエリオがトップに立つが、ピットアウトでスピンしトップ交代。カナーンがリードしたが、彼もこれまたスピン。巻き添えで、シモンズOUT。リスタートで、AJとダニカが接触。巻き添えで松浦、挽回してきたエリオが接触。最後のおまけにホーニッシュもさよーならーーー。

結局、残ったダリオとメイラ、マルコの三つ巴の争いとなり、勝利の女神はダリオに微笑んだとさ!

おしまい。
posted by harbow at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

今後のディクソンには要注意!

下部のレース結果欄に予選結果掲載!!


 ここアイオワは、ショートオーバルの中でも短い0.87マイルしかないが、バンク角はスパースピードウェイと変わらず、14度もあるというショートオーバルでは、最高速が出る場所。しかもIRL初開催。しかもドライバーの間では、抜きにくいというからこのポール獲得は、大きなアドバンテージといえる。

現在ディクソンは、TOPのダリオから19ポイント差の3位。ダリオの順位次第では、ポイントリーダーも夢ではない。しかも現在、彼は、7戦連続TOP5フィニッシュ中。隠れた超絶好調男なのだ!

ここを勝って、2003年以来のシリーズチャンピオンへ弾みをつけたいところだろう。
posted by harbow at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

2007 Kansas Lottery 300 決勝結果

ここカンザスは、毎回接戦で決まるエキサイティングなコース。

なのだが、今回はなんとも呆気ない独走で幕を閉じた。

ダンが、200週中176週リードラップを取り、中盤以降チームメートのディクソンとテールトゥノーズで盛り上がりかけたが、ダンが、ピットイン後の156週目、ディクソンがピットインの際、第4ターンから進入してしまいドライブスルーペナルティ課せられTheEND。(今年からグリーンでのピットインは第3ターンから進入しなければいけないみたいです。ややこしいなー。)

今期2勝目を手にしたダンが、INDY500制覇に向けて、文句なしの状態であることを各チームに見せ付けた形となった。

そして、第三の女ルミカは、なんとか無事に完走。さすがレース経験豊富な彼女は、来週の大一番により多くのデータを残すことが出来た。

松浦は4戦連続でリタイヤです。

さぁ!来週から1ヶ月間INDY500です。

今年はあの予選方式が無事行はれるのでしょうか?

また、雨で流れるのでしょうか?

今の私の関心はそれだけです。

結果はこちら↓

IRL(2007 Rd.4 KANSAS 決勝).pdf - 31.1 KB

posted by harbow at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

2007 Kansas Lottery Indy 300 予選結果

なんとナント、先週のINDY JAPANから一周も空けずにカンザスへ強行とも言えるスケジュールの今大会。

注目はもちろん、第三の女 ルミカ・デューノ。

ルマン24時間も経験しているという、実力派。

おまけに、ダイナマイトボディーらしい…。

そんな彼女も、3戦遅れのハンデは、かなりキツイ!

INDY500に期待して、今回は暖かく見守りましょう。

それはさておき、私事ですが、今日放送されたGAORAのINDY JAPANに映っちゃってましたー。(しかも、エリオと2ショット!!!)

当然、永久保存で録画OK!

スタート前、エリオが自分に気合を入れているとき、ぼーんやり後ろに生首のように移っているのが、わ・た・し。

これからも、いろんな所で映りまくるぞー!

ということで、結果はこちら↓

IRL(2007 Rd.4 KANSAS 予選).pdf - 31.8 KB

posted by harbow at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2007 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  1. 無料アクセス解析
googlea74a24e113fadc34.html