FIA WEC - LIVE 投稿者 fiawec
写真素材のピクスタ

TweetsWind

2008年07月21日

ホームランか三振かのブリスコーが2勝目



この人のキャラは非常に面白い。

ピットを間違えてみたり、かなり大ボケをかますんだけど、速いときはめちゃくちゃ速い。

こういうキャラの濃いメンバーが集まってるからIRLは面白い。

F1は、僕エリートです。みたいな模範生の集まりって感じ。

そんなIRLで強烈なキャラを発揮しているダニカがまたやってくれました。お相手はナントあのミルカ。

いままで、おとなしい人なのかなーと思いきや、ダニカ以上の気の強さだあることが判明。

ダニカがビビッてたじろいでるシーンをどうぞ

こちらをクリック


見たい番組を好きな時に!NHKオンデマンド
posted by harbow at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2008 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

ハンター・レイよりマニングの2位にビックリ!



ここのところ絶好調で上位に顔を出していたハンター・レイが見事にワンチャンスをものにした。

それはさておき、一番の驚きは2位のマニング。ここのところどころか常に下位集団かリタイアのフォイト家がいくら作戦的中といっても2位よ!2位!お爺ちゃんも驚いて心臓発作でも起こしてないか心配だなー。

話は変わるけど、今週は、F1とIRLが行われたんだけど、どう見てもIRLの方が面白いと思うんだよね。

IRLなんて、まだ放送されてない、記事の時点で見たくてワクワクしちゃう。なんでだろー。

私が思うに、IRLは人間を除けば、ほぼ全てイコールコンディションのガチンコ勝負だってことが
これだけのドラマを生み、人をひきつけるんだと思う。

F1のつまらなさを一言で言えば、「ごちゃごちゃし過ぎ」マシンも政治背景も。バリチェロが久しぶりに3位に入っても、どうもパッとしないんだよねー。

単純明快。これがスポーツの面白さなんだ!と痛感させられた週末でした。


アフィリエイトはエーハチネット
posted by harbow at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2008 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

やったぜ!武藤yahooニュース入り!



でかした!虎ちゃん以来の表彰台GET!(というか、虎ちゃんのときは、1位以外表彰されなかったが・・・)

残り、まだ、90周の時点の全車ピットインで、ダン、ダニカ、そして武藤は、超燃費走行で走りきる作戦だったという。それが見事に的中。最終的にカナーンの事故処理に15周も掛かったおかげで、他車がピットインを強いられる中、労せずTOP集団へ。ラスト、マルコの猛追でダンを追いかけるより抑えることに集中しなければならなかった為、優勝は逃したが、今期ルーキー最高位(オーバルコースで)は立派!

本人は、最後ダンとの争いがおろそかになってしまったことが悔しいのか、ちょっと浮かない感じだったようだが、次戦も0.75マイルのショートオーバル。その後は得意なロードレースが続く。一気に武藤がチャンピョンシップのキーパーソンとなりそうだ。

イヤー今週末のGAORAが楽しみだなー。レース後のコメントもきっと「チェッ、そうですねー・・・。」とか言ってんだろうなー。

土曜日まで待ちきれない方はこちらのハイライトをどうぞ


来年はこれをかぶって応援しよう

posted by harbow at 18:12| Comment(0) | TrackBack(2) | アーカイブ 2008 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

ダニカがF-1をテストねーーー?

ダニカが、11月ごろF-1のテストに参加するらしい。

記事はこちら

まぁ、INDY JAPANを勝ったご褒美的な要素が大きいんだと思うが、今の状況からして、操る実力があるかといえば答えは「NO」だと思う。

確かに、横Gには耐えられる体力はあると思うが、縦Gとなると「?」
おそらく、300km/hから一気の減速は、クラッシュ時位な時しか経験ないであろう。多分2・30周連続したら、立ってられないか、吐きまくるだろう。

どっちにしろ見たいことは見たいなぁ。

それより、ダニカもいいけど、琢磨はどうなったの?

最近、バリチェロも人が変わったようにいい走りしてるけど・・・。
posted by harbow at 01:08| Comment(0) | TrackBack(1) | アーカイブ 2008 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

いいぞ!武藤!



Bombardier Learjet 550は、毎年接戦でウィナーが決まる、超高速オーバル。

前戦のバンク角の低いショートオーバルとは丸っきりセッティングが異なる中、絶好調のディクソンが、4番手出走ながら、まったく危なげなくポールを獲得。

普通、INDY500から3戦連続のレースでどこか調子を落としそうなものだが、まったく隙が見えない。一方、チームメイトのダンは最悪で、予選前のプラクティスで大クラッシュ。予選では足を引きずりながらも出走したが、11番手と負のスパイラルにどっぷりはまってしまった。

そして、タイトル通り武藤が4番手と自身最高位をGET。

前日の「スポッターとのコミュニケーションが良くなればうまくいく感じがある。」との言葉どおり絶好のポジションだ。

決勝は、本日の10:30からCS GAORAで生中継!
ひょっとすると、ひょっとする事態が生で見れるかも!
posted by harbow at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2008 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

二世ドライバー戦争勃発!



INDY500の興奮もさまやらぬまま迎える第6戦。舞台はミルウォーキーのショートオーバル。

先週約800kmを走りぬいたばかりのドライバーたちが、1週間後に一番神経を使うとされるショートオーバルを走るというこの過酷さ。

そんな中、ディクソンは好調そのままに167.637mphでTOPに立つ。

勢いに乗ってポール獲得かと思ったのもつかの間、チャンプ勢の期待の新生がやってくれた。

ディクソン出走後の3番目に登場したグラハム・レイホールが0.0089秒差上回りTOPを奪取。

ちなみに、皆さん知っての通り彼は、レイホール・レターマンの共同オーナーINDY500も勝った事があるボビー・レイホールの息子。

チャンプ勢初、おまけに史上最年少ポール獲得かと思われたが、そこに待ったをかけたのが、もう1人の二世ドライバーのマルコ。

唯一の平均167mph超えを達成し、堂々のポール獲得。以外にもこれが自身初ポール。おまけに史上最年少ポールまでかっさらった。

おそらくマルコは、親父に発破かけられたんだろうなー。

今日の夜中は、新世代のレイホールVSアンドレティーで寝られないもうやだ〜(悲しい顔)



楽天で発見exclamation×2
ボビー・レイホールの希少な一品
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



posted by harbow at 16:09| Comment(0) | TrackBack(1) | アーカイブ 2008 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

すいません!まちがってましたーーー。(Bump Day)

私、Bump Dayのルールを勘違いしておりました。

正式なルールは下記の通りです。

予選最終日。この日は「バンプ・デー」と呼ばれ、決勝グリッドをかけて壮絶な戦いが繰り広げられる。すでに開催された予選3日間で一番遅い予選タイムを出したエントリーがバンプの対象となる。例えば、予選1日に11番グリッドを獲得したエントリーのタイムが他の予選日の一番遅いエントリーよりも遅いタイムで通過していた場合、このエントリーがバンプアウトの対象(グリッド上で一番遅い者=オン・ザ・バブル)となる。バンプ・デーに挑戦するエントリーはこのタイムが目標タイムとなり、このタイムを上回った時点で33番グリッドを獲得する。そしてバンプアウトされたシャシーのグリッドより下位のチームはひとつずつ予選グリッドが繰り上げられることになる。決勝グリッドから外されたチームは再度(この4日目で3回の)挑戦をすることができ、その時点で一番遅い予選通過エントリーを対象にバンピングが繰り返され、この日の終わりに決勝出場の33台が決まることになる。

ということで、たとえ、PoleDayに11番グリッドを獲得しても、BumpDayにはじかれる可能性がある。ということ。

今年の場合は、2ndDayが中止になったので、11番グリッドと33番グリッドとの比較で、当然、33番グリッドが遅いので、ロスがオン・ザ・バブルとなり、BumpDayがスタート。

ここから先は、結果と各WEBから予測して書くので、詳しくは後日確認してください。

まず、フォイトがアタックし、見事成功。ロスがBumpOUT。この時フォイトはロジャーのタイムを上回る。

その後、ロスが再アタックしロジャーのタイムを上回る。この時点で、バディー・ラジアーがBumpOUT。ロジャーがオン・ザ・バブルに。

ここでロジャーが動き出す。まずはプラクティスで、車の速さを確認し、アタックへ向かう。が、この時すでにセッション終了30分前。

この場面は、ネット中継で確認済み。私は、直後に出社。(サラリーマンなので・・・。)

そして悲劇はやってきた。

ロジャーの前で、アタックを開始したバディー・ラジアーが、ロスのタイムを上回り、この時点で、ロジャーがBumpOUT。

ロジャーとロスの一騎打ちになる。が、ロジャーはアタック失敗。再度アタックするが、ロスのタイムを上回れず。セッション終了。

まさかの予選落ちとなってしまいました。
posted by harbow at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2008 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

レギュラードライバー予選落ちの危機

日本時間の今日未明にINDY500 3rd Dayが開始され、雨で中止となった2nd Day分を含め12〜32番グリッドを争った。

Pole Day後に参戦が決定したロジャーも、1回のアタックで31番グリッドを獲得。決勝へ駒を進めた。

チャンプカー組を始め、レギュラードライバーが次々とグリッドを獲得する中、A.J.フォイトWがまったく調子が上がらず、とうとうTIMEすら出せぬままセッション終了。この予選方式になって初めてと思われる、レギュラードライバーがバンプDayに参加するという不名誉な事態となった。

バンプDayとは敗者復活戦みたいなもので、3rd Dayで決まった決勝最後尾グリッド33番のTIMEがオン・ザ・バブルと呼ばれ、このTIMEを更新したものが、決勝の最後尾グリッドを獲得できる。

この争いは、セッション終了まで延々と続けられ、セッション終了間際に、新たなドライバーが現れ、グリッドを掻っ攫うなんてドラマティックな出来事が度々起こるファンとしては見逃せない。ドライバーとしては、最後の最後までハラハラさせられる、予選最大の見せ場。

これは、レギュラードライバーでも非常に厳しい争いになる。

しかも今年は、IRLとチャンプカーの合併の煽りを受け、シートを失ったドライバーが1発勝負にやってくる可能性が十分ある。

フォイトの運命やいかに!
posted by harbow at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2008 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

強い!強すぎる!!(INDY500 PoleDay)



何でこんなに早いんでしょう。226mphを超えたのは、ターゲットの2台と、ブリスコのみ。この3人は開始間もない順番でのスタートで、不利ではあったのだが、最初のタイムでも十分TOP5に入れたが、あえてポールを目指しタイムを捨てて再アタック。お見事ディクソンが、賭けに勝利した。

武藤もこの日は初回アタックで5番手タイム。ほぼ全車走り終えても10番手と、初日でクリアーかと思われたが、ここでアクシデント発生。車検で、搭載が義務付けられている車載カメラのバッテリーを乗せ忘れ、記録抹消。こりゃいかんと、セッションぎりぎりを狙って、TOP11に滑り込むため、ローダウンフォースにし、アタック。なんとか9番手を獲得した。

終わってみれば、ルーキーで初日クリアーは、武藤1人だけ。
残りのプラクティスはじっくり決勝用セッティングに打ち込める。
25日は面白くしてくれそうだ。
ラベル:INDY 500 PoleDay
posted by harbow at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2008 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

ダニカの優勝シーンをどうぞ!(動画)



IRLビデオでは、はじめての日本語実況付です。

日テレでイマイチ感動が伝わらなかった人、こちらで感動してください。
posted by harbow at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2008 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

ダニカの勢いもターゲットの牙城は崩せず



2週連続の奇跡は起こらず。

というか、チィップガナッシュの2台が、バカっ速過ぎ!

ナントこの2台で194LAPリードを取っちまった。

ダンはまたもやディクソンの後ろで、美味しいとこ取り走法により燃費を稼ぎ、ディクソンがアンダーグリーンでピットインした1周後のイエローにて、労せずTOPを奪取。そのまま、フィニッシュという超幸運にて、カンザス連勝をGETした。

ちなみに、ダニカはマシントラブルでリタイヤ。

武藤は、日本人の真骨頂、納豆ネバネバ走法で自身最高位の6位。

そしてそして来月はINDY500マンスリーに入ります。

今年こそは、予選は全て行われるのでしょうか?

バンプデーには、あの、悲劇のヒーローは現れるのか?

全セッション速報!したいなーと思ってはいます。(多分無理)

おたのしみに!
posted by harbow at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2008 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

チームワークが生んだ初優勝

こんなのデキレースなんじゃないのー。

なんて思ってる人いるんでしょうねー。

でもこれは、4台体制で挑んでいるアンドレッティー・グリーンだから出来た戦略的勝利だった。

マルコは早々にリタイヤしてしまったので、正確に言うと3台。

戦略の始まりは150周目のリスタートからだった。

もてぎのフューエルウィンドウ(満タンで走れる周回)は40周前後。

誰もこのままゴールできるものはいない。

そこで、3と売りの戦略を立てた。

145周目位に始まったコーションで、ステイをしていた武藤は160周目にピットインしスプラッシュアウトで次にコーションが出た際もステイし、上位に着け、リスタートに全てをかける作戦。

カナーンは、3番手につけていたので、セオリー通りにコーションが出るまで飛ばし続け、出なければやむなくスプラッシュアウトで・・・。結果は後者のほうに。

ダニカは、ギャンブル。ずーと我慢の燃費走行で走りきり、前の車が自滅するのを待つ。これが大成功。見事に勝利をGETした。

だがこれには、影の功労者がいなければ成し得なかった。

その功労者は、武藤だ。彼は160周目のピットアウトでその時TOPだったディクソンの前に出ることに成功。でも相手は百戦錬磨のディクソン。あっさり抜かれるのかと思いきや、残り5周までディクソンの前にい続けた。彼が先頭であるかのように。

これにより、ダニカの前のドライバーはペースを乱され残り3周でやむなくピットへ。ダニカの逆転優勝が実現した。

ここで、いやらしい見方をすると、「じゃ、武藤はディクソンをブロックしたのか?」と言う人もいるかもしれない。その答えは「×」。

彼は、着かず離れず実にいいペースで走っていた。武藤が先頭なんじゃないの思わせるくらい。彼の走りがなかったら、決してダニカには勝利は転がってこなかっただろう。実に彼はルーキーながら素晴らしい走りだった。チームもこれで認めてくれるだろう。
posted by harbow at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2008 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダニカ初優勝!

まったくノーマーク。
190周あたりからペースをセーブし、本来なら195あたりで、スプラッシュがセオリーだが彼女はステイ。当然トップのディクソンやカナーンは持たずラスト3周での大逆転をものにした。
武藤は、160周目に勝負をかけて、スプラッシュで残りをノーピットでいったが、順位アップにはつながらず11位で終了。
posted by harbow at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2008 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

150周目

武藤はその後、同一周回中に給油済ませ、トップのディクソンの前に!だが、ペースが一緒の為、なかなか抜かれず。武藤がトップのような展開。そんな中、着実にビリを独走していたロジャーがメインストレートでストップ。クラッシュ?
レースは150周目にリスタート。
posted by harbow at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2008 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100周目経過

91周目。
メイラのターン4出口でのウォールヒットによりコーション。
当然、武藤はステイ。
ラップダウンを回復。
だが、燃料がない。
トップは、ピットインでディクソンが逆転。
posted by harbow at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2008 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

50周経過

47周目ロスがターン4出口でクラッシュ
その直前に武藤とカナーンがピットアウト
その際、ペースカーとカナーンにはさまれウイングを破損。
再度ピットインし、14番手に後退
posted by harbow at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2008 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歴史は繰り返す

今日はスタートしました。が!
直後2ターンでマルコがクラッシュ。松浦とまったく同じ。
現在20周目
エリオがトップ
posted by harbow at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2008 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

諸悪の根元

D1000001.jpgD1000002.jpg昨日の中止原因になった2ターンの補修箇所。
カッターで細い溝が出来ています。
大丈夫なんでしょうか?
posted by harbow at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2008 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

スタートディレイ中!!

なんと、ターン2で湧き水発生!
ダン カナーン ディクソンが確認しております。
これから緊急工事をするようです。舗装用のカッターがスタンバイしています。
14:54現在、まだスタートしていません。
ターン4にも水が湧いている状況。
中止かどうかは、日テレ次第でしょうか?
日テレの都合により中止です。
明日また更新しますよ!お楽しみに!
posted by harbow at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2008 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IRLはアットホームです。

D1000057.jpgパドックに行けば必ずと言っていいほどドライバーに会うことが出来るのもINDYのいい所。
ペンを差し出せば滅多なことがない限りサインしてくれます。
だから、INDY JAPANのパドックパスはお得!

追伸 雨が落ちてきています。
路面を濡らすほどではないですが…。
posted by harbow at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ 2008 IRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  1. 無料アクセス解析
googlea74a24e113fadc34.html